大阪北部で震度6弱 9歳女児ら3人死亡

大阪北部で震度6弱 9歳女児ら3人死亡




大阪北部を震源とする大きな地震

6月18日午前7時58分頃、大阪北部で震度6弱の地震が発生した。
震源の深さは約10キロ、マグニチュード5.9で、この地震による津波の心配はないという。
この地震により、京阪神地区の新幹線・在来線が運転を見合わせるなど交通に影響が出た。
15時現在、近鉄はすべての運転を再開している。

ブロック塀の下敷きとなり、、、

この地震の影響により、ブロック塀が歩道側に倒れ9歳の女の子が亡くなるという痛ましい事故が起きた。
今回ブロック塀が倒れた場所は、小学校のプールを囲うブロックの一部であった。
倒れたブロックの断面を見ると、縦金や横金などといったブロック内部に埋め込む鉄筋が無いように見える。また控壁という主壁を補強するブロックもなさそうだ。
専門家は「法令で作られていない可能性がある」と指摘している。

また、大阪市内では民家の外壁が倒れ80代男性が下敷きとなり死亡。茨木市では80代男性が自宅で倒れてきた本棚の下敷きとなり病院に運ばれたが死亡が確認された。
今回の地震で、大阪、京都、兵庫、滋賀の4府県で計91人の負傷が確認されている。

被害状況

ネットの反応は




大阪北部で震度6弱 9歳女児ら3人死亡