新卒就職活動中、見事にフィルターされた件について

新卒就職活動中、見事にフィルターされた件について




新卒学生を襲う!選考システムに嘆きの声が上がる理由とは!?

毎年、大学3年3月頃から本格的に新卒学生の就職活動が本格的に始まります。
自分が就きたい業種・職種を研究し、期待と不安を胸に抱きながら就職サイトからエントリーや説明会参加などすると思います。
新卒学生で就職活動中のちはなさんも、いざ就職サイトから説明会参加を試みたものの残念ながら説明会はどこも満席。
普通の学生なら、ここで諦めて他の同業種の企業や気になる企業へ説明会参加を試みますが、ちはなさんは懐疑的視点から自分のプロフィールを早稲田大学に変更してまた同じ企業の説明会申込み画面を見に行くとそこには「受付中」の文字が、、、。

学歴設定「帝京大学」

学歴設定「帝京大学」

学歴設定「帝京大学」だと満席に

説明会が「満席」に・・・。

学歴設定「早稲田大学」に変更して学歴フィルターくぐれるかどうか・・・。

学歴設定「早稲田大学」に変更・・・。

説明会が空席表示に!

学歴設定「早稲田大学」に変更したら説明会が空席表示に!

フランチャイズ資料請求比較サイトならFC media

Twitterではこんなコメントが・・・。

学歴フィルターってやっぱり存在するの?

結論から言いますと、学歴フィルターは存在します。
就職サイトの企業側管理画面の検索設定で「学歴フィルター」機能が備わっており、MARCH以上や早慶上智以上などボーダーラインを設定することができます。
新卒学生側からみると「ふざけんなよ!」と思うかもしれませんが、企業側から見るとたくさんの学生の中から優秀な学生が欲しい・選考をスムーズにしたいなどの声があがり、この機能だけでそういった問題が解決でき労力削減・時間効率化ができます。

じゃ、学歴フィルターから外された学生はどうすればいいんだ?

筆者も学歴フィルターの餌食になった者です。しかも、当時は東日本大震災がありどん底でした。
私が思うに、学歴フィルターを用いているのは大手が多い印象です。
中小企業ならばフィルターは無いに等しいと思いますし、良い企業はいくらでもあります。
さらに言いますと就職サイトで募集を行っていなくても、企業HPから応募できる企業はいくらでもあります。
この私も、企業HPから直接企業間で使う問い合わせフォームから問い合わせして一部上場企業に運良く入れました。

また、今学歴フィルターで外されたとしても気にしないでください。
一旦、違う会社に入ってそこで実績を出せば採用してくれる優良企業はいくらでもあります。
企業から見ると、学生に対しての判断材料として実績よりも学歴に比重が行きがちです。しかし、社会人になると学歴より実績に比重がいきます。
なので、学歴フィルターで外された、、、など落ち込まないで、今ある会社説明会や選考に全力で挑んでください。
”新卒”就職活動は人生に1度しかないので、後悔のないよう楽しみながら活動しましょう!




新卒就職活動中、見事にフィルターされた件について