【紅白歌合戦ハプニング!】欅坂46「不協和音」でメンバーの平手、鈴本、志田が倒れ込む

【紅白歌合戦ハプニング!】欅坂46「不協和音」でメンバーの平手、鈴本、志田が倒れ込む




過呼吸により倒れ込む

年末恒例の「第68回NHK紅白歌合戦」が12月31日渋谷NHKホールにて行われた。欅坂46は総合司会の内村光良とコラボで欅坂46の代表作「不協和音」を披露した。

「不協和音」はチェストバスター(胸を前に出す動き)やパンキングやクランプ(腕を回す動き)などダンスの中でも激しいことで有名。しかも、大人数でのフォーメーションチェンジもあり移動距離等でのスタミナも使う。この影響と疲労が溜まってか曲の終わりにメンバーの鈴本美愉がステージ上で後ろに倒れ込む姿が放送された。

NHK発表によると3人はいずれも症状は軽く、回復に向かっている。

Twitterの反応は




【紅白歌合戦ハプニング!】欅坂46「不協和音」でメンバーの平手、鈴本、志田が倒れ込む