女子中学生を宴会派遣疑い 会社役員逮捕



女子中学生8人をコンパニオンとして派遣か

女子中学生8人を宴会のコンパニオンとして相次いで働かせていたとして、北海道警は4日、児童福祉法違反の疑いで札幌市のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」役員、斎藤美紀容疑者(42=札幌市中央区)を逮捕した。

 道警によると、斎藤容疑者はおおむね容疑を認め「高校生だと思っていた」と供述している。中高生約50人が働いていたとみられ、宴会で年齢を聞かれたら20歳以上と答えるよう指示していたという。

 逮捕容疑は1~8月、13歳と14歳だった女子中学生8人をホテルの宴会場に派遣し、酒をつがせたり、会話の相手をさせたりした疑い。

 斎藤容疑者はコンパニオンの採用や給与支払いを担当。女子中学生には、3時間で8000円程度を渡していた。また、友人を紹介するよう持ち掛け、1人当たり1000~2000円を渡していたという。中学生の親から道警に相談があり、捜査を進めていた。(共同)
引用元:日刊スポーツ

ネットの反応は・・・